情報技術科


 コンピュータ制御とプログラミングの力を育てる学科 


  • ソフトウェア技術とハードウェア技術の基礎を、理論や実験・実習を通じて学びます。   
  • 具体的には、プログラミング、ネットワーク技術、コンピュータ制御など情報技術全般にわたり基礎から応用まで系統的に学習し身につけます。   
  • 特に、各種プログラミングにも力を入れて取り組みます。
 
     

 
UNIX実習
 
パソコン組立実習
 
論理回路実習
 
マイコン実習
 
MCR実習風景
 
MCR
 
課題研究
学科トピックス

学科トピックス

リケメンリケジョのIT夢コンテストにおいて優秀賞をいただきました

 本校の課題研究の一環で参加した生徒が、神奈川工科大学で開催されたU18リケメンリケジョのIT夢コンテスト2016に参加し、優秀賞(神奈川県教育長賞)を受賞しました。
このコンテストは全国の中学生・高校生・高専生(3年生以下)を対象に、IT(情報技術)で実現できる未来の社会や新たなサービスなどに関する「夢」を語ってもらうコンテストです。第6回目を迎える本年度のコンテストでは、43校から242件の応募作品があり、35作品が準決勝に進出しました。
今年は、3つのテーマ(ITで解決する身近な社会問題、ITを活かした未来のサービス、ITを使って○○を有名にする)に関して、全国の中学校・高等学校・高等専門学校42校242作品の応募があり、書類選考の結果、優秀な作品35作品が最終審査会で行われるプレゼンテーション審査に進出していた。
 7月30日に開催した最終審査会では、神奈川工科大学教員や学生、来賓のほか、タレントの蒼あんな・れいなさんも特別審査員として参加し、準決勝および決勝戦を実施し、受賞作品が決定しました。
 本校の生徒は、視聴覚障害者向けのタブレット端末「モウドレット」を提案し、今回の受賞となりました。

 
     発表の様子                  優秀賞受賞

福島県CICアイディアコンテストの部にて優秀賞を受賞しました。

11月13日に清陵情報高校にて開催された福島県コンピュータアイディアコンテストに参加して参りました。
アイディアコンテストの部にて情報技術科より出展した「プロジェクションマッピングコンテンツの自作発展」が優秀賞を受賞しました。

情報技術科課題研究発表会が行われました!

 1月19日1校時~4校時に、「平成26年度課題研究発表会」が行われました。
11の班が、1年間の学習の成果を発表しました。
各班のテーマ及び詳細はこのページの下の「平成26年度 課題研究テーマ」をご覧ください。
情報技術科で学ぶおもな専門科目
絵文字:ノート工業技術基礎(1年)
絵文字:ノート実習(2年・3年)
絵文字:ノート課題研究(3年)
絵文字:ノート情報技術基礎(1年)
絵文字:ノート電気基礎(1年・2年)
絵文字:ノート
プログラミング技術(1年~3年)
絵文字:ノートハードウェア技術(2年・3年)
絵文字:ノートソフトウェア技術(2年・3年)
絵文字:ノート電子回路(3年選択授業)
絵文字:ノートコンピュータシステム技術(3年)
平成26年度 課題研究テーマ
情報技術科で取得できるおもな資格
絵文字:鉛筆基本情報技術者試験
絵文字:鉛筆ITパスポート
絵文字:鉛筆工事担任者
絵文字:鉛筆計算技術検定
絵文字:鉛筆情報技術検定
絵文字:鉛筆パソコン利用技術検定
絵文字:鉛筆QC検定